設立の目的 研究組織 設備 研究設備 研究機器 研究計画 これまでの歩み 今後の展開 業績 リンク English    

 
 

2011年11月19日 メンバーの星先生が大阪で開催された第32回動物臨床医学会年次大会
               研究成果を発表しました。

           演題:独自測定系を用いたイヌ血中ホルモンレベルの多角的解析
                    ○星 史雄、堀 泰智、柿崎竹彦、米澤智洋、長谷川喜久、汾陽光盛

2011年11月3日 ハイテク・リサーチ・センター研究成果報告会を開催しました。 

2011年3月4日 ハイテク・リサーチ・センターセミナーを開催しました。
     特別講演 『犬猫臨床における内分泌3大疾病』 左向敏紀先生 (日本獣医生命科学大学)

2010年4月 新しいパンフレットを作製しました。
           この度、現在の活動状況を新しいパンフレットにいたしました。
          昨年度末の中間評価でA評価をいただき、北里大学ハイテク・リサーチ・センターは
          順風満帆、日々精力的に研究に励んでいます。

2009年8月 業績リストを更新しました。

2009年7月 測定ホルモンリストを更新しました。

2009年7月 平成19〜20年度業績集ができました。

2009年7月25日(土)  ハイテクリサーチセンター中間報告会を開催しました

2009年4月 測定ホルモンリストを掲載しました。

2009年2月7日  第3回ハイテク・リサーチセンター・セミナーを開催しました。

2008年1月8日  第2回ハイテク・リサーチ・センターを開催しました。
      「ホルモン測定法のイロハ」 長谷川喜久 (北里大学獣医学部実験動物学研究室)  於:北里大学獣医学部

2007年6月22日 第1回 ハイテク・リサーチセンター・セミナーを行いました。

2007年5月    平成9年度以来、3回目のハイテク・リサーチセンターに採択されました。
          概要はここ

2006年9月30日、10月1日   於:古牧温泉 旧渋沢邸
ハイテク・リサーチ・センター報告会が開催されました。
多くの皆さんのご協力により、多数の方にご参加をいただき、盛況裏に終わることができました。今後益々、研究教育に対するハ イテク・リサーチ・センターの役割は大 きくなるものと思います。関係者一同心より感謝いたしております。
     プログラム   写真集

2004年 7月 31日、8月1日    於:焼山温泉郷
ハイテク・リサーチ・センタープロジェクト中間報告会
盛況のうちに、無事終了いたしました。学外からも10名の研究者を招聘し、 関連領域の研究活動について発表をしていただきました。また、参加者より多数の貴重なご意見・ご指導をいただきました。
     プログラム

 

2003年10月2日  於:青森市文化会館
ハイテク・リサーチ・センターシンポジウムが開催されました。

 



 

〒034-8628 青森県十和田市東二十三番町35-1
TEL.0176-23-4371 FAX.0176-23-8703
E-mail mitsumor@vmas.kitasato-u.ac.jp